« ピアノ教師は孤独で閉鎖的な職業 | トップページ | シニア生徒さんの「上達」を数で示したら、ヤル気スイッチが… »

2014年4月 2日 (水)

ピアノ教師で“傷のなめ合い”

昨日、「ピアノ教師どうしの交流が大切」と書きましたが、 

ある人から、こんなことを言われたことがあります。

 

あなたは、どう思われますか?

 

「色々な人とお話するといいよ。

特に、違う職業の人、違う世界の人と話すと、学ぶことが多い。

あっ、同業者で話してもダメね。時間の無駄。

同業者は、お互いに『傷のなめ合い』するだけ。」

 

       Cat                              

(ぺろぺろ……)

 

私:エッ?そんなこと無いわ! 

と思いつつ、ピアノの先生に当てはめて考えてみます。

 

A先生:「こんな親がいて、いやんなっちゃう。」

B先生:「わかる!や~ね、モンスターペアレント!子どもは可愛いんだけど。」

A先生:「私の指導力不足かしら?」

B先生:「ちがう!A先生は、よくなさっているわよ~。」

A先生:「あら~、B先生こそ、よく頑張っていらっしゃるわ~。」 

 

みたいなこと、よくあります。うーん……(;一_) 

 

「傷のなめ合い」と言われると、そんな気になってくる私。。。。。

                      (つづく)

« ピアノ教師は孤独で閉鎖的な職業 | トップページ | シニア生徒さんの「上達」を数で示したら、ヤル気スイッチが… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ教師で“傷のなめ合い”:

« ピアノ教師は孤独で閉鎖的な職業 | トップページ | シニア生徒さんの「上達」を数で示したら、ヤル気スイッチが… »