« 右手を怪我すると、必ずピアノが上手くなる | トップページ | 大人の生徒さんに、マナーを注意してもよい? »

2014年10月 2日 (木)

「指のハンディ」を嘆くより……

もし人間の指が、片手44本、両手で88本あれば……、

ピアノ88鍵の各鍵盤に、指を1本ずつ置くだけで弾けます。

 

指換えも、指広げも、指くぐしも、必要ありません。

 

 

ところが、現実の人間の指は、「左右で10本」しかないため、

その制約の中で、工夫するしか……。

 

 

でも、指が10本という制約があっても、

ショパン、リスト……、素敵な音楽が沢山生まれたのです。 

 

もし指が合計5本だったとしても、その制約の中で、

最大限に素敵な演奏にすればよいだけ。

 

脳梗塞のため右手が麻痺した館野泉さんの、

左手5本指だけでの演奏も、素晴らしいものです!

 

指があまり開かない、小指が短い、手が小さい……、

誰でも何かしらハンディがあるものです。

 

でも、無いものを嘆くより、

今、自分が持っているものを最大限に活かして、

その制約の中で最高の演奏をしたい・・・

 

先日、生徒さんが右手を怪我したら、

教える方も、たくさんの学びがありました。

 

« 右手を怪我すると、必ずピアノが上手くなる | トップページ | 大人の生徒さんに、マナーを注意してもよい? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。