« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

ダウン

不摂生がたたり、風邪(咳、発熱。頭痛)
レッスンの無い日でよかったです。
いえ、
レッスンが無いから、気がゆるみ、菌が侵入してきたのかも……。
寝ていることにします。
バタンキュー

2015年6月26日 (金)

スコットランドの音楽

「題名のない音楽会」に、

私が大変お世話になったT教授(スコットランド音楽の権威)

が佐渡裕さんや平原綾香さんと一緒に出演されました。

 

再放送の日時だけ知り、ぜひ見ようと思っていたところ、

寝不足がたたりウッカリ寝てしまい、見逃す失態。

 

悔しくて色々探したら、

全部ではないのですが、Youtubeで見ることが出来ました。

https://www.youtube.com/watch?v=eacQ3p9zaBI

 

ああ、先生がご研究されていたのは、このような音楽だったんだあ。。。

 

ご本や論文では、スコットランド音楽について読ませて頂いたことがありましたが、

広大な土地の風景が映り、音楽を実際に聞くと、また感じ方が違います。

 

わぁ、なんとも懐かしい気持ちになり、

心が癒されるような素敵な音楽の魅力☆

 

T先生がこのテーマを研究したいと思った理由が、少し理解できました。

 

 

テーマの全く違う私の研究(シニアピアノ教育の研究)を、

上手く導いてくださったT先生に出会えたおかげで、

私の学びがその後もずっと続いたようなもの。

感謝しきれない先生です。 

 

研究やテーマのこととも重なり、

改めて、先生の心の広さ、スコットランド音楽の魅力を考えました。



2015年6月24日 (水)

指導法は、生徒さんに教えてもらっています


進度はどうですか?

簡単すぎますか? 難しすぎますか?

こういう練習は、楽しくありませんか?

どんな曲だと、やる気が湧きますか?

 

……などに対する生徒さんの「生の声」は、貴重。

指導法に反映できます。

 

先日も生徒さんから、指導のヒントを教えて頂きました。

 

・同じ曲でも、まず簡単な楽譜をくださって、

 それが弾けたら、もう少し難しい編曲の楽譜をくださる。

 それも弾けたら、さらに難しいのを。

 ……そういうの、すごく良いです!

 いきなり難しいのを渡されても、やる気しないけれど。

 

手を伸ばせば届く

それに届いたら、もう少し高くまで背伸びしてみる。

それも届いたら、さらにもう少し高くまで……。

がんばれば、届きそう!

というとき、人間、パワーが出るものです。なるほど。

 

こんな声も、指導の際のヒントになります。

・基礎練習(スケールやアルペジオ)、あれは弾いていて楽しくないなぁ。。。

・こっちの楽譜の方が見やすい!と思ったら、五線の幅が広いんです。

 

生徒さんの声」に、耳を傾けること。

……それは良い指導をするための第一歩かもしれません。



Suika_2          今年初めて。夏生まれの私はスイカ大好き♪

2015年6月23日 (火)

山ごもりから戻ったら……

 

世間を離れ、山にこもり、

寝ても覚めても、1つのことだけを考え、没頭している。

……というようなの、私、けっこう好きです。

 

現実的には、そんな「山ごもり」は無理ですが、

でも、このところ、色々なことがちょうど重なって、

「後でも大丈夫なこと」は後回しという「山ごもり状態」。

 

ひと段落して、ふと見まわすと……、

私の都合に関係なく、草は勝手に伸び、

埃は自然にたまり、すべてが雑然。

 

昨日は、部屋片づけや、草取り。

 

観葉植物も、一つ大きな植木鉢に移しました。

8か月前

あんす様
Ansu_3

ぺぺ君Pepe2_3

時間は決して止まっていないようです。。。

 

 

2015年6月22日 (月)

「人を教える」ときに共通のこと

昨日書いた橋本武先生は、

ガリ版作りの自作の教材」を配って教えていたそうです。

私は「楽譜作成ソフトで打込んだ自作の教本」を配ってレッスン。

(あ、ちょっと似ているかも?)

 

 

また橋本先生は、自分の興味を自分でどんどん掘り下げる指導をし、

自分で見つけたことは「一生の財産という信念。

 

私も同じ。

弾く曲」や「作曲者」について、自分で調べて頂いています。

こちらから「こうです」と示してしまえば手っ取り早いのですが、

図書館やネットで「自力で」調べた方が記憶に残るので。

 

 

国語教師とピアノ教師と、大きく違うはずなのに、

「人に教える」とき、共通のことが多いなぁ……

と驚きました。

 

 

Yellow_4  

            今年は黄色が流行っているそう

 

2015年6月21日 (日)

「ピアノを学ぶ」と「ピアノで遊ぶ」との違い

 

遊ぶと学ぶは同じこと

 

遊び感覚で学ぶ

ことの大切さを説いた伝説の国語教師(橋本武さん)の言葉です。(先日の天声人語より)

 

 

「ピアノを弾く」は、英語で「~play piano.」。

 

私が3歳から受けていた、

コンクール全国入賞が目的の「怖いレッスン」は、

play」「遊び感覚」「楽しい」とは程遠いものでした。

そして、ピアノが嫌いになるという悲劇。

 

今は、幼児に適した素晴らしいメソードがたくさん開発され、

色とりどりの楽しそうな教材や教具をつかって、

遊び感覚」で「楽しく」ピアノを「play」できるでしょう♪

 

今、その一曲だけ、上手に弾ければいい」ではなく、

5年後、10年後、いえ生涯、ピアノを楽しめるように

読譜力などの真の力をつけようと、焦らずゆっくり育てる先生も増え、嬉しく思います。

 

 

レッスンは、単に「楽しければOK」というものでもありません。

子どもの「ピアノを学ぶ」ためなら月謝を出すけれど、

「遊び」のためには……と思う保護者の気持ちも解ります。

 

 

でもやはり、音楽って「楽」という字があるように、

楽しく遊び感覚で「play」するものでしょう。

 

 

怖い先生に習って良かったことが、一つ。

 

そのような先生に習っていたからこそ、今、

自分のような悲劇を生んではならない!

ピアノを心から楽しめるレッスンをしたい!

……と、人一倍思えることです。

 

そして、そんな指導や教材作りのためなら、

無限に情熱が湧いてくることです。


「どんなことにも意味がある」ようです。


2015年6月20日 (土)

デトックスウォーターを作りました

スーパーモデルが飲んでいると話題のデトックスウォーターを、

スーパーモデルとはほど遠い体型のピアノ教師が、作ってみました。

 

Water

香りも味もいいし、

きれいで、

なんとなく体と心がデトックスされたような、

爽やかな気分♪


リフレッシュしてレッスン☆


2015年6月 8日 (月)

愛♡をもらってパワーアップ

 

花束贈呈で頂いたお花を見て、

幸せの余韻に浸る。

Flower

               

 

たくさんのパワーをもらって、

明日からのレッスン、頑張ります☆

 

2015年6月 7日 (日)

自然の中でお風呂に入る


結婚式は、チャペルのある高原のホテルで行われたのですが、そこに一泊。

Cakecut1_2


早朝、まだ誰もいない露天風呂へ。

温泉につかりながら、蓼科山や八ヶ岳をながめる。

山や空を前に、全裸で手足を伸ばしている自分。

なんとも幸せ……。


これからの二人の人生に幸あることを願う母親でした。

2015年6月 6日 (土)

『つながる』って素敵☆


きょうは、結婚式。

Ceremony1


両家の家族やごく親しい人だけでの、とてもあたたかい会でした。

 

新婦の手作り座席カード

Card_2

 

「つながる」っていいですね。

Organ

 

「音楽」でつながる、

「ピアノ」でつながる、

「愛」でつながる

……みんな、素敵☆

 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »