« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月28日 (火)

恋人を盗られてしまった気持ちで、ピアノを弾く

 

「テネシーワルツ」を弾いているグループでのこと。

某生徒さんが、歌詞(英語)を全員分プリントしてきてくださいました。

おおっ! ありがとうございます♪

 

原語の歌詞は、日本語の歌詞とは大違いで、

「恋人を旧友に紹介したら、恋人を盗られてしまった。」

エッ?

 

それはさて置き、(^^;

レッスンで、

「ここは、どのように弾きたいですか?」

と曲想を伺ったときの答え。

 

某生徒さん:「ここでクレッシェンドして、

あのとき~~ッ! (>_<)

という気持ちで弾きたいです。」

 

みんな大爆笑!

子どもは絶対、こんな風に答えませんよね。 

長く生きてきて、経験が豊かな大人ならではの答えです。

 

ああ、シニアのレッスンは本当に面白い☆

 

2015年7月11日 (土)

当たり前と思っていることが変わると、ミスが起きる

 

慣れない駐車場に入れるときは、

しっかり後ろを確認しながら、慎重に入れます。

 

何度も入れて慣れている自宅の駐車場。

目印にしていた物の位置が、ちょっと変わっただけで、

いつものようにバックしてしまい、壁にドッカン!

>_<) シマッタ!


当たり前だったことが、ちょっと変わるのだけで、

ハプニングが起きる。


ド・レ・ミの鍵盤は白くて、♭レ・♭ミは黒い。

のが当たり前と、思っている。

 

ところが、ド・レ・ミの鍵盤が黒いベーゼンドルファーのピアノを弾くと、

フッと戸惑いハプニングが起きる。

 

「当たり前」だと思っているものが変わると、人間、ミスを起こす。

 

……などと、言い訳を考えつつ、車を修理に持って行きました。

 

修理屋さんで、こんなものを頂きました。

Matsuri1

祭ばやしの音が聴こえてきそう♪

中身は、コレでした。

Matsuri2

 

 

2015年7月 7日 (火)

がんばれ

 

60歳以上の方に、どうピアノを教えればいいのか?その指導法を考えたい……」

という私の気持ちに理解を示し、

「それならば、こうすれば良い」とアドバイスし、

うまく導き、次の学びにつなげてくださったT教授。

その教授と出会っていなければ、シニアレッスンは続いていなかったかもしれません。

 

さて、その先生からキャリア教育のゲスト講師に招いて頂き、

音楽学部の学生さんにお話をしてきました。

最新設備の教室にビックリ!

演台にパソコンとプロジェクターをつなぐ端子がついていたり、ワンタッチで、パワーポイントからOHPに切り替えられたり、素晴らしい!


設備と言えば、この学校は、

練習室にズラーッとアップライト、グランドピアノもスタインウェイのすごいのが何台も……、恵まれた環境です。

 

さてさて授業ですが、若い学生さん達が、将来の職業を考える参考にしてくだされば幸いです。

そして将来、もしもピアノを教えることになった時、

ああ、シニア世代にピアノを教えている先輩のあんな授業を受けたなあ

と思い出して頂ければ……。

 

今、学生さんの就職が大変……と聞きますが、

どうぞ、誇りをもってずっと音楽を大切にしていってください。

応援しています☆


2015年7月 3日 (金)

便利


風邪にかかったので、サッサと医者に行ったら、

弱い薬しか出ず、その後に38.5度以上の熱。

 

医者に早く行けば良いというものでもないのですね。

 

何も食べたくないけれど、薬を飲むために何か食べなくては……。

家の食糧が無くなってきたけれど、買い物にも行けない。困った。。。

 

そこで思いついたのが、イオンの宅配。

ヨーグルトやスイカや色々なものを注文したら、3時間位で届けてくれました。便利!

 

おかげ様で、やっと回復してきました。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »