« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月29日 (金)

今、3人に1人が、「60歳以上」になりました。そして……

 

「教室名を、元吉先生風に『60歳からのピアノ教室○○』『60歳からの○○ピアノ教室』にしたいけど、構いませんか?」とおっしゃってくださる先生も……。

まったく問題ありません。OKです!!

「定年」で時間が出来たことが、ピアノなどの習い事につながることもありますし、シニアの生徒さんが入りやすいかもしれません。

 

ところで、「60歳以上の人口」はどの位なのか? 総務省統計局のホームページで調べてみました。

平成281月報の人口推計を見てみると……

総人口は、12682(万人)  でした。

・年齢(5歳階級)ごとの人口は、次のような数。

  60~64歳……838(単位 万人)
  65~69歳……989
  70~74歳……766
  75~79歳……636
  80~84歳……506
  85~89歳……319
  90~94歳……141
  95~99歳…… 40
)100歳以上…… 6 
         計  4241(万人)

足し算をすると、 60歳以上の人口は、4241(万人)

 

60歳以上   ↓総人口   割合
4241(万人) ÷ 12682(万人)0.33441……

 

つまり、総人口の約33.4%が、60歳以上である。

今、3人に1以上が、なんと60歳以上

ということになります。

ビックリ!! w(@_@)w

 

ちなみに、子どもの人口はどの位なのかしら? 

と、5歳~14(中3)の人口を調べてみました。

       5~9歳……531(万人)
 +)10~14歳……556(万人) 
               計   1087(万人)

 

514歳人口↓   ↓総人口           割合
        1087(万人) ÷ 12682(万人)0.085712……

 

つまり、小・中学生は、総人口の約8.6%

小・中学生は、今、約11.6人に1しかいない。ということ・・・

 

ああ、ピアノ教室のこともですが、日本の産業、経済、医療費の問題……いろいろと考えさせられます。


2016年1月25日 (月)

楽器店の講師さんのための「シニア指導法」セミナー


ずっとあった大手音楽教室が、無くなっていたり統合したり……最近、そんな寂しい話を耳にするのは、やはり少子化で子どもが減ったためでしょうか。

でも、シニアの生徒さんは、確実に増えているようです。

 

2/15(月)は、楽器店の講師さんたちのための、趣味で楽しむピアノ・レッスン」を使ってのシニア指導法セミナー

楽器店で教えている講師さんたちが役に立つような内容で、お話させて頂きますね。

 実は、シニアの方はグループレッスンが合っているので、楽器店教室は、恵まれた環境かもしれません。 

 

2/15(月)ヤマハ銀座店のセミナーは、会場が新宿クラッセで、店内講師さん限定だそうです。

勘違いしてHP掲載していましたが、参加を予定していらした先生は、申し訳ありませんが他会場での受講をお願いします。

東京近郊のセミナーを書いておきますね。

・千葉県松戸……2/4() 伊藤楽器ピアノシティ松戸

   ・神奈川県茅ケ崎……2/8(月)長谷川楽器

・埼玉県熊谷……2/19() タニタ楽器

・千葉県横芝……3/30() 丸越楽器

 

シニア指導は全く初めてという先生が、来週からでもすぐ教えられるような、とても具体的かつ実践的なセミナーになります。


Kyohon2

2016年1月23日 (土)

シニア生徒さんは「お断り」していた先生

  

シニアの方が「ピアノを習いたい」と来たのですが、

心の準備もなかったので躊躇して、断ってしまったんです。

 

(ええ、幼児指導なら解るけど、シニア指導は未知の世界。

すぐにお受けできなかった気持ち、解ります。)

 

でも今日、セミナーを受講して、自信がつきました。

教本 を使っての具体的な指導を、 第1回 レッスンはこう、 第2回 は……と、実際の動画も見せて頂き、よく理解できました。

もう、シニア生徒を「お断り」したりしません。

いえ、シニアを募集してレッスン始めます!

 

 

よかったぁ(^-^

シニア指導を安易に始めなかったのは、生徒増ばかり考えず、きちんと勉強して「良いレッスン」をしたいと思う誠実な先生なのでしょう。

きっと素晴らしいレッスンに…! がんばってください☆

 

 

指導者セミナーがあったのは、ヤマノミュージックセンター橋本店。

駅から3分の便利な場所で、気配りの行き届いた暖かい教室でした。

 

 

トンネルを抜けると、雪だった。

 

という感覚で、

 京王線に乗ってふと窓の外を見ると、雪でした。

 

私の所は雪が降らなかったので、ワクワクしてきて、電車の中からパチリ☆

20160122b_2

2016年1月15日 (金)

113日(水) 後回しにしないで、すぐにやろう

 

一昨年、京都セミナー「シニア世代のピアノレッスン~理論編~」にいらしてくださった美由喜先生から、「一緒にご飯を」とのメール。 

わぁ、嬉しい!!  ありがとうございます♪


Omen2_2

       薬味(ほうれん草・白菜・生姜・葱・椎茸・菜の花・きんぴら・ごま)

五年前に大病をされて以来、「人間はいつどうなるかわからない」と思い、やりたいこと、良いと思うことは、『後で~』『いつか~』と考えないで、『すぐに!』やるようになった。

そうしたら、沢山の人をよび寄せ、つながり、人生がどんどん好転。……とのこと。

 

ああ、そうかもしれません。

人生は無制限にあると思うと、「今は忙しいから」「恥ずかしいから」……色々な理由を考えて、後回しにしがち。 

でも、人生は有限。やりたいと思ったことは「すぐに!」やることが大切。

 

コンサート活動やレッスンや健康や色々なことを頑張っている美由喜先生とは、何十年も前にニューヨークのコロンビア大学でお会いしたのですが、今もこうやって会えることがとても嬉しいです。

お会いできて本当に良かった! ありがとう♪

2016114日(木)  朝の失敗

 

スマホの地図を見ながら、目的地まで行く

という、みんなが当たり前にやっている方法を、

スマホ初心者の私は、今日初めて使ってみた。

 

ホテルからセミナー会場までの徒歩8分を、スマホを見ながら行くことに。

ところが操作を間違えて、目的地よりずっと先まで。

大急ぎで戻って間に合いましたが、なんという失敗。

 

いつもは、時間にかなり慎重な私。

・遅延の多い路線は怖いので避け、なるべく他の路線を利用。

・電車が遅れた場合を考え、予定時間の30分位前に着いて、どこかで時間をつぶしている。

遠い会場ほど慎重なのに、徒歩8分で失敗とは!

 

失敗は成功の素。二度とないよう、今後に活かそう

シニア教本の使い方は、セミナー受講してこそ

2016114日(木)  


Kyohon1s

このテキスト、楽譜コーナーで見たただけでは、使い方がよく解りませんでした。

でも、セミナーを受講して、すっごくよく解りました!

 まず、どのようにレッスンを進めるか説明を聞く。

次に、シニア生徒さんの実際のレッスン風景を動画で見る。

わぁ、シニア生徒さんって、こんな風に反応するんだ。

自分もこう教えれば、楽しくレッスンできそう!

うまく教えられそう!……そう、思えました。

ありがとうございました。

 

JEUGIA三条本店でのシニア教本セミナーを受講された先生の言葉です。

 

ええ、いくら沢山の説明を聞いても、いまひとつ感覚的によく解らない。

でも、実際に見て、初めて解ること……って、ありますよね。

百聞は一見にしかず!

 

先生方のお役に立ててよかったです。

どうぞ、シニアのピアノ指導、がんばってくださいね☆

そして、沢山のシニアをピアノでハッピーにしてください♪


2016年1月12日 (火)

シニア教本セミナーが京都で開かれます

 

シニア教本のセミナーが、JEUGIA三条本店(京都)で開かれます。

一昨年、「シニア世代に教える最高のピアノレッスン法」セミナーがありましたが、その考え方を基に具体化した教本のセミナーです。

Nekko1

前回、受講された先生はもちろん、初めての先生も大丈夫ですので、どうぞいらしてくださいね。

 

この会場でのセミナーは、面白い質問がたくさん出たので、忘れられません。

今度も、講師を困らせるような質問、どんどんしてくださいね。

一昨年、「使いやすいテキストは?」と質問を受け、答えられなかったことも、

趣味で楽しむピアノ・レッスン』が生まれたきっかけの一つです。

 

今回は、特に大事な初回のレッスンを中心に、テキストにそって進めますので、全部持って来れれば一番ですが、1の教本はぜひご持参ください。

お会いできるのを、楽しみにしています♪

 

_____________

114日(木)10:30

JEUGIA三条本店5F

●申込み問合せ:075-254-3740

 

2016年1月10日 (日)

私が、シニア生徒さんにピアノを教えたいと思った理由

 

なぜ、私はシニア世代にピアノを教えているのか?

なぜ、ピアノ教室の入会資格を60歳以上に限定したか?

……それは、「人間として素敵」な人たちと関わっていたかったからです。

 

ピアノを習いにくるシニア生徒さんには、共通点があることに気づきました。

皆のために……駐車場の草刈り、

地域のために……夜の見回り。

入所されている方達のために……ボランティア。

……社会のため人のために、自分の時間や労力を惜しみなく注げる人ばかり。

 

でも決して、「やってあげている」という上から目線ではありません。

「ほら~、私くらいの年齢になると、暇だからぁ~  (^-^)

サラリと、そう言いながら……。

 

ネットで「リア充」という言葉があるそうですが、自分は毎日忙しく充実しているというフリをしたいものです。

でも、そんな若者に限って、実は大したことをしていなかったりします。

 

暇だからぁ~」と言いつつ、世のため人のためになることを、サラリとやる。

……私は、そんな謙虚な人たちに、憧れます☆


2016年1月 9日 (土)

シーンと「音楽」は、切っても切り離せない関係

  

スターウオーズ7を観てきました。

同じシリーズの映画が30年も続くってすごいですね☆

でも、オーケストラの「」が、初期のころより格段に良くなっています。

 

広々とした宇宙空間では、管楽器のカッコいいメロディー。

美しいシーンでは、弦楽器の伸びやかな音楽、

不協和音が響けば、危険が迫っている予感!!

……シーンと「音楽」は、切っても切り離せません。

映像に合わせて音楽を作る仕事も、きっと面白いのでしょうねぇ。。。

 

戦争の原因は、実につまらない事。

スターウオーズの壮大な宇宙空間を観ていると、思います。

誰でも○年後は、“宇宙の塵”。

だったら、少しでも自分の好きなこと、人の役に立つことをして塵になりたいものだと……。


2016年1月 5日 (火)

まいにち、修子!!

 

まいにち、修造!!」 みたいな “日めくり-名言カレンダー“。

Syuko_2

以前に大学ピアノ講座の受講生が下さったのですが、捨てがたく名言だけメモしておくことに。

 

何でも面白がって、うきうき、ワクワクしながら生きよう!

・美しい言葉、素敵な笑顔にまさるファッションなし 

・あっさりスッキリ処分して、必要な物だけでシックに暮らす

・物やお金は、生かして使っただけ世のために人のためになる

・あれこれ考えず、気づいたことからサッと動こう

・「する」と心に決めると、物事は動き出す

・どんどん表現して、いつも爽やかな心ですごそう!

・心身の無理は禁物。つかず離れず、ほどよい距離を保とう

・・・・etc. 

 

このうち、いくつ実行できることでしょう?


2016年1月 3日 (日)

愚かな初心者

 

私は、ずっとガラ携でがんばっていたのですが、ついにスマホに変えました。

まだスマホ初心者ですが……よろしくね♪

 

お正月に娘が来たとき、Lineが出来るようにしてもらいました。

 

そうしたら、10年位前から登録したままだった膨大な数の人たち全てに、

「友達」みたいのが勝手に送られてしまったらしく、

その人達からも「友達」が返ってきて……。

 

教授のような偉い人にまで自動で送られたわけです。

こんな面白キャラのスタンプを送ってしまい、なんて失礼な……ごめんなさーい!(>_<

と、自分の愚かさを後悔するも、とき既におそし。

 

本当に申し訳ありません。

ああ、時代の進歩についていけないスマホ初心者のうっかりミスです。

愚かな私を、お許しくださ~~~。(><

 

 

ちょうど新聞第一面に、こんな記事

「高校生の99%がスマホを使う「スマホネイティブ」世代……」

 時代から取り残された感に打ちひしがれている私。

いえ、ピアノ初心者の気持ちが理解できてよかった! と、肯定的にとらえることに致しましょう☆

 

2016年1月 2日 (土)

本年もよろしくお願いします

 

暮れからあわただしく大掃除、おせち作り……、

息子達や娘が来て楽しく元旦を迎えられてよかったです♪ 

 

 

さてさて、2016年は、どんな年に致しましょう?

 

シニア生徒さんに良いピアノレッスンをするためには、

どう指導すればよいか?

について、10年以上ずっとインプットし続けてきましたが、

それらをアウトプットする時期。

 

シニア生徒さんたちには、良いレッスンを、

ピアノの先生方には、良い指導法セミナーを、

……今までの指導法研究の成果を、少しでも還元できればと思います。

 

セミナーは、1/14()京都に始まり、色々な地域に(詳細は HP )。

シニア指導法に興味ある先生がいらっしゃれば、どこにでも喜んで参ります。

 

2016年は、還元する年です。

もちろん、運動、家族の健康、世界の平和(同時テロなんて許さない)……まだまだ色々。

 

♪本年も、どうぞよろしくお願い致します♪


« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »