« シニア指導と子ども指導で違う点は? | トップページ | シニアのための指導法」が、「子どものための指導」にも良い? »

2016年2月17日 (水)

ピアノ文化に寄与してきた有形文化財の楽器店


こんなにも歴史のにおいを感じる楽器店に入ったのは、初めてでした。

それもそのはず。ここ三木楽器開成館は、江戸時代から創業190年、有形文化財

長い間ずっと、ピアノ文化に寄与してきた場所。
Miki_2

                                            写真を撮り損なったので、パソコン画面をプリントスクリーン。

 

著名な音楽家のコンサートや講座が行なわれ、山田耕作も「西洋音楽講座」「作曲講座」などを行なったとのこと。

まさかそこで「シニアへのピアノ指導法」の講座が開かれる時代がくるなど、当時の誰が想像したでしょう。

 

そのまさかで、昨日は、その歴史ある開成館で「シニ世代へのピアノレッスン法」の講座をさせて頂きました。

「趣味で楽しむピアノ・レッスン」の教本・ワークブックを抱えた熱心そうな先生方が、熱い目で受講され、終了後も質問が沢山!

 

万人へのピアノ文化普及を目指していた創業者も、きっと喜んでくださったのでは……?

 

« シニア指導と子ども指導で違う点は? | トップページ | シニアのための指導法」が、「子どものための指導」にも良い? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。