« ピアノの先生は「お料理中のつまみ食い」はやめましょう | トップページ | jet 研修会で「シニア指導法」 »

2016年2月 5日 (金)

明日にでもすぐ、シニア生徒さんを募集して頂けそう

シニアのピアノテキストを、どのように進めるか?……1ページずつ実際に体験し、

初日のレッスンはどのように進めるか? 2回目は?……実際のレッスン風景をビデオで見て、

……自分もシニア生徒さんに教えられそう! と実感して頂けたのでしょうか?

 

質問タイムでは、具体的な質問が相次ぎました。

月謝の額は、どのくらいに設定すればいいのですか?」

公民館などで開講したいときは、どうすればいいのですか?」

「生徒募集するときは、どんな募集方法が効果的ですか?」

私が11月、地域紙に掲載したときの数行の文章をお見せすると、一字一句、一生懸命に書き写され、

……明日からすぐにでも、シニア生徒さんを募集してレッスンを始めて頂けそうな雰囲気。

 

昨日2/4、伊藤楽器YAMAHAピアノシティ松戸で、シニア教本セミナーがあったのですが、その時の風景です。

こんな熱心な先生方のところに、ぜひシニア生徒さんが集まってほしいなと思いました。

 

楽器店のスタッフの方は、その先生方をサポートしてあげたいという一生懸命な姿勢。

私がエレベーターで降りて見えなくなるまで、ずっと頭を下げていたのが印象的でした。「人」に対する時のそんな姿勢に反対に頭が下がるやら、恐縮するやら……。

 

先生方も楽器店も皆で世の中に音楽を届け、音楽で多くの人を幸せに……♪ 

« ピアノの先生は「お料理中のつまみ食い」はやめましょう | トップページ | jet 研修会で「シニア指導法」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。