« キャリーケース君、 “シニアピアノ” のために有難う☆ | トップページ | 3月6日(日)   歴史ある街でシニア教本セミナー »

2016年3月 4日 (金)

辛い想いをした方こそ、第二の人生は……

 

かつて「シニア歓迎ピアノ教室」に登録されていた宮城県の先生が3人とも、震災の後にホームページを閉じていました。当時は、ピアノどころではないのかも……と心配しましたが、今はもう、元気なピアノ教室がたくさんあることでしょう。

 

さて本日は、宮城県でシニア教本のセミナー。

会場の仙台市は、311の被害が、宮城県の中では少なかった方かと思いますが、

宮城県→ 津波→ 仮設住宅のお年寄り

と連想してしまうのは私だけでしょうか。

 

東日本大震災のあと、72歳の生徒さんが、被災者を励ましたいとの想いで『がんばれ日本』という曲を作ってきてくださいました。

この曲を、ホームコンサートの時に、全員で東北の方を向いて大合唱したことを想い出します。

 

災害にあったり、辛い想い、悲しい想いをした方こそ、第二の人生は楽しく心豊かに過ごして頂きたいものです。ピアノがそのお手伝いをできれば……。

 

ヤマハ仙台店の前には「縁結び・商売繁盛」の提灯♪

Yamahasendai

« キャリーケース君、 “シニアピアノ” のために有難う☆ | トップページ | 3月6日(日)   歴史ある街でシニア教本セミナー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。