« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

ピアノ教師の腕……それは?

 

私が小さい頃に習っていたピアノ教師の話を、前に書きましたが、

先日、実家に行ったとき、そのピアノ教師が書いた随筆集のようなものをもらいました。

 

パラパラ見ていると、「SENCE」という文字が目に入った。

料理に大切なのは「センス」という話だが、

ピアノに大切なのは「センス、才能」と考える彼女のレッスンと、妙に重なる。

 

才能のある子どもを探して伸ばそうと心に決めた」

という彼女の文をどこかで見ました。

 

センス」「才能」「素質」のある「筋の良い生徒」を探し、

そういう子に多くの「練習」を課せば、かなり良い演奏になります(小学生のうちは特に)。

 

でも、「生徒のセンス練習量に頼った指導」で、果たして……、

そのピアノ教師は、「指導の腕が高いと言えるでしょうか? 

……いいえ。

 

「センス・才能・素質」が乏しい子も、うまく上達に導ける先生。

万人に、演奏の楽しさを感じさせてあげられる先生。

……そんなピアノ教師こそ、指導の腕がいい!」と言えるのでは? 

 

「良いピアノ教師とは?」

「ピアノ教師の腕とは?」

 

……そんな想いが、私の頭の中をぐるぐると巡りはじめた。

             つづく




↓第2期の申込みは、4/1からです☆
Seni1_3


新しい命の誕生

 

昨晩は「新月」だったためか、普段より多くの妊婦さんが病院に運ばれてきたそう。。。


新しい命を授かりました。

……アッ、私ではありません。

息子夫婦に。


シニア生徒さんが、よく可愛いお孫さんの話をされますが、

私にも初めて孫が!

Baby

                             

新しい命の誕生……感動!

赤ちゃんからパワーをもらって、私も頑張ります☆



2017年3月27日 (月)

プロとして、適確なアドバイスが出来る先生……カッコいい☆

 

店員:「この中の、どの魚がいいですか?」

Sakana1_2

                           

私:「コレかソレ、どっちがいいかなぁ。う~ん……悩む」

店員:「今の季節、コレが脂がのっていて、オススメです」

私:「じゃあ、コレ! (^^♪」

 

店員:「煮魚と焼き魚、どちらにしますか?」

私:「う~ん、どっちが美味しいかしら~。。。迷う」

店員:「この魚でしたら、焼き魚がオススメです。」

私:「じゃあ、焼き魚! 」

 

しばらくして、焼き魚に変身して登場♪

脂が乗っていて、と~っても美味しかったです(満足)。

Sakana2_3
先日、先生方と「銀平」で頂いたランチ

 

決定権は自分にあるのだけれど、

迷ったとき、プロに「オススメ」してもらうと、とても有難い♪

 

 

ピアノも、自己決定(Self-Directed Learning)が基本だけれど……

生徒:『どのテキストを使ったらいいかしら?』

先生:『ゆっくり進み音符も大きいので、趣味で楽しむなら、これがオススメです。』

 

生徒:『アレも弾きたいしコレも弾きたいし、悩むぅ……』

先生:『クラシックが嫌いでなければ、まずはコレからがオススメです。』

 

生徒『3つの編曲のうち、どれを弾こうかしら? 迷う~~』

先生『初心者には、コレが弾きやすくてオススメですよ』

 

決して、「こちらの考えを押しつける」のではなく、

でも、生徒さんが迷ったとき、

「プロのオススメとして、適確なアドバイスができる。

……そんな先生、カッコイイですね♪




↓第2期の申込みは、4/1からです☆
Seni1

 

2017年3月25日 (土)

“生徒さんも、先生も、幸せになるプロジェクト♪“ を立ち上げます

 

シニアピアノ講師養成セミナーが10回終わった後も、たまに会って情報交換したり勉強できる場があれば……

との希望を頂き、今後の課題としてずっと考えていました。

 

作ることにしました☆

ピアノで、シニアの生徒さんを幸せにするプロジェクト♪

いえ、生徒さんだけが幸せでも、先生が負担であっては長続きしません。だから、

シニアピアノで、生徒さんも先生も幸せになるプロジェクト♪

です。

 

名称を、「シニアピアノ教育研究会」と思いましたが、

先日、「○クラブ オブ ジャパン」という会の会長をしていた母から、

「海外の人からも信頼され、会誌を送って頂いたり、情報交換できてよかった」

との体験談を伺いました。

 

海外にも、シニアピアノを実践している先生、研究している研究者がいます。

そんな海外の人とも交流できたらいいな……との想いから、

大げさですが、日本をつけて、

日本シニアピアノ教育研究会」にしようと……。

 

英語名は……??

今度、英語の先生に聞いておきますね。

 

とりあえずご報告まで。


 

↓第2期の申込みは、来週からです☆

シニアピアノ講師養成セミナー

2017年3月22日 (水)

ピアノの「おけいこ」? or ピアノ「教育」?

 

ピアノ教育」という言葉……

最近でこそ耳にしますが、何十年も前は、違和感を。

指導内容が文科省で決められている学校教育なら、「教育」と言うけれど、 

民間の教室の習い事は……「おけいこ」と呼ぶのでは?

 

おけいこ」という言葉、

……三味線のおけいこ、日本舞踊のおけいこなど、

師匠のところへ弟子入りして、技を見よう見まねで真似して、修行。

師匠(教師)が絶対で、ひたすら回数を練習して覚えるのが……「ピアノのおけいこ」。

 

教育」……3ヵ月後はこうなり、1年後には3和音が弾け、3年後には……と長期的カリキュラムがあり、縦にもつながっている。

また、この「楽曲」を習うときは、この「リズム」「音」「理論」を学ぶと、横にもしっかりつながっている。

縦にも横にも体系的に考えられたプログラムで教えるのが……「ピアノ教育」。

 

シニア生徒さんにも、負担でないよう体系的に考えられたプログラムで上手に教えたいと思い、

私は、シニアピアノ教育という言葉を使っています。

 

 

シニアピアノ講師たちの情報交換の会があれば……

との声があり、

「シニアピアノ研究会」を作ろうと思っていましたが、

「教育」をつけて、「シニアピアノ教育研究会」にしようかなと思いました♪



2017年3月21日 (火)

トランプさん、「音楽の仕事」は良いですよ~♪

 

平気で「」をついたり、コロコロと「言うことが変わる」人は、韓国歴史ドラマに出てくる権力者だけかと思っていました。

 

でも最近、アメリカ大統領、日本の防衛大臣、森友学園理事長と、立て続けに「嘘」が話題に。

 

 

調べると、「平気で嘘をつく」病気もあるそう。

例えば、妄想性パーソナル障害……

 

成りあがった絶対的権力者の病。

・誰かを陰謀で失脚させて成りあがってきたため、

自分も蹴落とされる不安や恐怖感を常に感じ、誰も信じられない。

・少しのことで、自分は屈辱されたと感じやすく、過剰反応

・多くは、「能力が低い」のに権力を手にし、それを自覚しているからこそ、「嘘」などのずるい手を使う。(政治的能力が本当に高ければ、嘘などつかなくても大丈夫)

 

性癖にせよ、病気にせよ、障害にせよ…、完治はほぼ無いとのこと。

 

 

音楽の仕事は……、

トランプ氏のような「大金持ち」にはなれないかもしれません。

でも、「嘘つき」にもならずに済みます♪

 

トランプさ~ん、音楽を教える仕事、なかなか良いですよ☆




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
季節限定、さくらナントカに弱い
Sakuaji2_4Sakuaji3_2Sakura7_4






ヨーグルト   パステルプリン     缶だけ

2017年3月15日 (水)

卒業

 

3月……卒業式シーズン。

 

仲良しのお友達、快適で楽しい日々、素敵な校舎……

このままずっと、この学校に居続けたい。

 

小学6年・7年・8年…でいいのに、6年で卒業して中学へ。

高校3年・4年……とはならず、高3で卒業し、様々な道へ。

AKB48にも、「卒業」があるらしい。

何でも、いつか必ず「卒業」の時が来る。

 

仲良しだった、慕っていた恩師と別れる卒業式は、寂しく、悲しい(涙)。

 

それでも「卒業」するには、意味があるのかも……。

次のステージへ進みさらに成長するために、卒業があるのかもしれません。

 

お別れしたくない友達とは、同窓会をすればいい。

そして、今よりもっともっと仲良しになればいい。

 

3月……さまざまな所で、(/_;) 涙の卒業式。

 

 

(/_;)(/_;)(/_;)(/_;)(/_;)(/_;)
私も、ある指導者の会を卒業

2017年3月 9日 (木)

閉店に追い込まれたデパート……ピアノ教室を想う

 

ひなびた、うらぶれた、さびれた……

そんな言葉が似あう場というのがあります。

 

実は、ちかくの西武筑波店が、先月末に閉店

閉店セール時は、混雑に圧倒されて近づかなかったのに、

閉店した今頃、怖いもの見たさで見てきました。

Heiten                              

やがて、後悔。来なければよかった・・・と。

隣にスーパーがあるので、一応人もいるし、音楽も流れている。

でも、何か活気がない哀しい。 

だんだん自分がパワーダウンしてきたので、魂を吸いとられる前に、その場を立ち去った。

 

小さい頃、連れてきてもらうとウキウキパワーアップしたデパート。

それが、今は過去(昭和)のもの

場のパワー……、大事です。

 

ピアノ教室の場のパワーは?

かつては50人も在籍して活気があったのに、今は……閉店に追い込まれているデパートのような教室も。

 

家では落ち込んでいたけれど、ピアノ教室に来たら、楽しく元気になりました☆

……そんな、パワーアップできるでありますように……♪



2017年3月 7日 (火)

やっぱり、「モチ」は「モチ屋」


初めて自主セミナーは、事務作業を、全て自分1人で頑張りました。

それはそれで学びが多いのですが、

でも、その労力や時間を、もっとセミナー内容の充実にまわしたい……。

そこで、アウトソーシング。事務作業を外部委託することに。

 

信頼できそうな事務代行業者をネットで探し、今日、そのオフィスに行き、依頼内容などを伝えてきました。

今後は、フォームから申込み頂き、すぐ自動返信。

IT専門家ならではの合理的なノウハウで、サクサクッと事務処理。

さすがプロ! やっぱり、モチはモチ屋

……改めて、正しい選択だったと思いました。 

 

今までは、申込みを頂くたび、素人の私が一人一人に返信メール(原始的)。 

モタモタ時間がかかる上に、ヒューマンエラーも多い。

 

事務作業を専門家にお任せして、

私は、自分の専門である「シニアピアノ教育」の実践やセミナーを、もっと良いものに……♪

 

ちなみにそのオフィス、

今流行りの、企業した若者が利用する感じの、他業種によるオープンスペース。

セグウェイも走ってきそうな面白い素敵な空間でした。


 


モチはモチでも、桜モチ。
Sakuaji1_2 

早く暖かい季節に~♪

2017年3月 3日 (金)

「手の内を見せないピアノ教師」と「見せるピアノ教師」

 

A先生:「生徒さん達、みんな上手。どういう風に、教えているの?」

B先生:「(^^) フフフフフッ……」

手の内は見せられない。」と思うのか、何も教えてくださらない。

……昔は、そんなピアノ教師が居たものです。

 

でも、お互いにオープンに見せ合って、お互いの良い所を、共有できれば……。

自分の指導を人に見せるのは、誰でも勇気がいるもの。

でも、何年後かに良い指導をしているのは、きっと、そんな姿勢をもった先生だと思います。

 

昨日は、シニアピアノ講師養成セミナーの5講座目でした。

初めて、指導実技が入りました。

 

・先生役の方 ・生徒役の方 ・感想を伝える方、と役割分担

前回は「レッスン進行表」の作り方を学びましたが、進行表を、先生役が作ってきて、皆さんに配布。

 

さて、模擬レッスン開始。

・先生役だった方は、「教授法」で学んだごとく女子アナのよう☆

・生徒役の方は、シニアレッスン「あるある」を随所に散りばめ、なかなかの役者☆

・感想役の方も、とても良いところを突いていて、「なるほど!」と思わされました。

 

今回は「個人レッスン」の模擬レッスンでしたが、次回は、「グループレッスン」、

その次は「ペアレッスン」「講座形式」と経験します。

 

大変ですが、皆さん、がんばりましょう♪

めざせ、シニアピアノ教育 “プロフェッショナル講師”☆



« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »