« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

いかにも「オバサン」の楽譜の買い方

楽譜は、中身を見てから選びたいときがあります。

 

編曲ものなら……素敵な編曲? 難易度は? 等あるので、当然。

 

原曲の楽譜だって、出版社によって色々。

日本の楽譜では「レ」となっている箇所が、ヘンレ版では「ソ」……等も。


音は全く同じでも、読みやすさに微妙な違い。

ある版は1ぺージ6~7段とギッチリだけれど、別の版は4~5段で音符大きめ。

この版は音符がクッキリした黒で、別のは薄い黒(灰色がかった黒)。

紙の厚さ・色なども、微妙に違う。

……やはり、実物を見て、自分が最も弾きやすそうなのをじっくり選びたい。

 

ヤマハ銀座店の楽譜売り場には、そんな人のための革張り椅子が。

Gakufu親切♪

何冊もの楽譜を、膝の上に広げて見比べて、最も気に入ったものを購入♪

我ながら、いかにも「おばさん」という買い方ですが、気にしな~い。

 

 

以前、ここでお爺さんがお昼寝をしていて、焦りました!

きっと娘か孫が楽譜を探している間、待っていて寝てしまったのでしょう(笑)。

お昼寝……さすがに、そこまでは落ちぶれないように気をつけたいと思います。



2017年10月24日 (火)

弾けなくても、「ストレス」に感じなくなった生徒さん

 

生徒A:「この曲、難しくて弾けるようにならず、

ストレスになっちゃったんです。

でも、発想を切り替えたら、すごく楽に……。」

 

私:「発想を、どう切り変えたのですか?」

 

生徒A:「以前は、

上手に弾かなきゃ!』

『うまく弾けないと、恥ずかしい!』

……などと考えていました。

 

でも今は、こう思うようにしたんです。

弾けないから弾けるようにと頑張っている時、脳の活性度は高い。

スラスラ弾けるようになっちゃうと、脳の活性度は下がる。

だから、たとえ弾けなくても、

『ああ、今、脳にとても良いことが起こっている!』

と思うようにしたら、すごく楽になりました。

全然ストレスじゃない!」

 

わあ、この考え方、なかなかいいです☆

 

そして、もし弾けるようになったなら、それはそれで素晴らしい。

  

弾ける喜び」も「脳活性」も、一生懸命に努力してこそ得られるご褒美です♪

 (努力しないと、両方とも手に入りません)

 

先生も、「上手に教えなきゃ」、「生徒がうまく弾けないと恥ずかしい」と考えるとストレスになるので、

教えられる喜び」に感謝し、なるべく「を知恵を使った指導をしたいものです♪



2017年10月21日 (土)

“エリーゼのために”が、数週間で弾ける!……わけはない

 

「一日たった〇分、〇週間で“エリーゼのために”が弾ける!」

みたいな魅力的なタイトルを見せて、売ろうとする類の本があります。


その人参にひかれて、購入する人は必ずいるので、

発売当初、多く売れます。


しかし、実際に弾けるわけはありません。

そんな虫のいい方法、美味しい話はありません! 


すると、

「タイトルに偽りあり」

だまされた

「買って、お金を損した

……読者はそう思うでしょう。

悪評は自然と広がり、数年で消滅していく本が結構あります。


一方、人参など使わず、真に内容で勝負する中身の良い本は、

最初のうちは、それほど売れないかもしれません。 

しかし、読者が、

買って、よかった!

と心から思うと、人にお勧めしたり、推薦図書にしたり……。

そして、結果として売れることに。


単に売上を伸ばすためだけに、

人参をチラつかせる本、

価格を低く設定して、伝えたい事が伝わらない「安かろう悪かろう」の本

読者に、「だまされた」「買って損した」と後悔させる本、

を出してはいけません。


もっと基本にもどり、何のために本を出すのか? 

その本で、人々を幸せにするため、世の中を良くするために出すはず。

 

そんな、人々を幸せにする良書を、私は誠実に書きたいと思います。



2017年10月15日 (日)

ピアニストが “コンサートをキャンセル” する時・etc


先週、思ったこと

ピアニストが、“コンサートをキャンセル“ する時

ロシアのピアニスト、ミシュクのコンサートのチケットを持っていたけれど、

「体調不良で、コンサートが中止に」との連絡。

ピアニストだって、生きている人間なので、色々あります。

 

良い演奏になる自信がないとキャンセルしたグレン・グールドは、「キャンセル魔」と言われていたそう。

(事務所は、もちろん「体調不良」とするけれど。)

 

ピアニストも、収入のために学校教員になったりすると、練習時間の確保が難しい。

良い演奏でないと、聴衆からボロクソに批判される。

納得いく演奏をする自信がないと、キャンセルしたくなる気持ち、すごくよく解ります。

 

ママ友と会う ~趣味で楽しむ革細工~

子どもが小学生だった時のママ友と、久しぶりに会いました。

「カルチャーセンターで『革細工』を受講したの」とプレゼント。
1015

おおっ、素晴らしい! 

 

通信販売で喧嘩

夫は、本・ゲーム・精密機器・ボラギノール・文房具……何でもアマゾンで注文するので、

「お店で買えるものは、ネットで買わない方がいい。

そういう人がいるから、クロネコのお兄さんが大変なのよ!」と喧嘩しました。

 

私も、急に生徒さんの楽譜が欲しい時は、アマゾンに注文。

(プライム会員なので、翌日には送料無料で届きます。)

 

知っているテキストなら、それも出来ますが、

初めてのテキストは、「音符の大きさは?」「編曲は?」など解らないので、

やっぱり楽譜屋さんで手に取って見て、納得してから買いたいです。



今週も、がんばろう☆



2017年10月11日 (水)

思い上がっていた

 

思い上がっていた

思い上がっていたよ!

……生徒さん達が、口々におっしゃいました。

 

チャイコフスキーピアノ協奏曲を練習しているグループの生徒さん達。

大勢のオーケストラと一緒に演奏する協奏曲を、

2人での連弾なら、何とか雰囲気を味わえるかと提案したら、

ソロで弾きたいです」

とのご希望。

 

本人の希望を尊重したいと、(悪戦苦闘の末)ソロ用に編曲したものの、

……やはり難しくて弾けないご様子。

 

「今までの曲は、たくさん練習さえすれば弾けた。

でもこの曲は、いくら練習しても弾けないんだ。」

 

「『努力すれば可能なもの』と『努力しても無理なもの』がある」

と学び、自分が「思い上がっていた」と感じたとのこと。

 

 

こういう経験はこういう経験で、価値があると思います。

 

出来るだろう→出来ない→「思い上がっていた」と反省→以後は適切な選曲→良い演奏

その連続で、少しずつ成長していくのだと思います。

 

「こう、弾きたい!」との意志を持てたこと、

その結果、「思い上がっていた」と思ったこと、

謙虚さを学び、この経験を今後に活かし、さらに成長すること。

……沢山のことを学ばれました☆

 

来月の「弾き合い会」では、たとえ自分で納得の演奏が出来なかったとしても、

大きな収穫を手にすることでしょう。

 

 

私も、同じです。

出来るだろうと思っていたことが、実際は出来なくて、

思い上がっていた!

と反省すること、しょっちゅうです。

 

 


Diagos
 

見るべきは花ではなくカゴ(家族の手作り)

2017年10月 7日 (土)

初めて誕生! PESプロフェッショナル講師!

 

シニアピアノ教育“プロフェッショナル講師

初めての認定試験が、先週9/28にありました。

 

評価の結果、合格者が出ました☆

初めてのPES(Piano Education for Seniors)プロフェッショナル講師の誕生です!

おめでとうございます☆

 

シニアピアノ教育の関する理論や知識、実践力、指導力、演奏力、人間力……などが試され、

「シニア生徒さんにピアノを教える技と科学」を身につけている専門性の高いピアノ教師のみが認定されるものです。

 

認定された先生から「これがスタートだと思って、頑張ります」との真摯なお言葉を聞きましたが、本当に、その通り。

シニア生徒さんを、ピアノで幸せに♪

……を合言葉に、ご一緒にがんばっていきましょう。

 

 

受講希望者から、次回セミナーの問合せを頂いておりますが、

やっと日程が決まりました。

2018 年 4 月 15 日( 日曜・一日集中 ~ ほぼ隔月

 

3月頃から募集の予定ですが、ご興味ある先生は、

下記にメール頂ければ、募集開始時にお知らせメールを差し上げます。

piano60piano60@gmail.com

2017年10月 1日 (日)

夢の島公園で癒され、しっかり学ぶ

 

2期シニアピアノ教師養成セミナー(一日集中)の第3回目。

東北から、関西から……熱心な先生方が集まってきて学びます。


会場へは、この夢の島公園を通って行きます。

都内なのに緑いっぱいで、お花も……。

Yume3_2 Yume2


学びが始まれば、
10:30から5:40までビッチリ大変なのですが、

行き帰りには、ちょっと癒されます。

Yume1

 ほっ


« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »