« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

「あがらない」処方箋  [3] 

あがらないための処方箋は、何でしょう?

⑤ アガらない保険

病気や事故には絶対に遇いたくないけれど……、

万が一の場合のため、保険に入ります。

 

ピアノも、絶対アガッたり失敗したくはないけれど……、

万が一の場合、被害を最小限に抑えるための策を講じておくことも大切。

 

《対策》 万が一、ここで解らなくなったら

→この段のココに、すかさず戻る。

と決めておき、わざと間違えてみる。

決めた場所にサッと戻り、さりげなく弾き始められれば、安心。

 

……こんな状況には絶対なりたくないけれど、

最悪の事態への備えがあると思うと、

人間、安心感からか、意外とアガらないもの。

 

 

⑥ アガらない食べ物

番組名は忘れてしまったのですが、過去に見たTV番組で言っていた事です。

   「アガらない食べ物は『カツ丼』。」

「勝つ」の縁起かつぎだけではなく、科学的理由があるようです。

 

危機的な状態・失敗するのではないか?

という不安な状態に置かれると→

→人間は、ノルアドレナリンなど副腎皮質ホルモンが多量に分泌される→

→そのため、中枢神経がオーバーヒート状態になる→

→すると、精神的ストレスを感じる。

このストレス状態が「あがった状態」なのだそうです。

 

ビタミンB1豚肉に多い)→オーバーヒートを沈める働きがある。

ビタミンB1硫化アリル玉葱に多く含まれる)と一緒に摂取するとより効果的。

(硫化アリルは加熱すると分解してしまうので、玉葱は生で食べると良い。)

 

というわけで、演奏3時間前に「カツ丼さらし玉葱」を食べるのがおすすめ!

 

(※なにしろTVの聞きかじりのため、私は保証できませんが、気休めにはなるかと…)

 

 

 息のしかた

順番を待っている時ってドキドキして、イヤ~ですね。

 

《対策》

ドキドキドキ……いつもより心拍数が高い、テンションがハイだと感じたら、

→呼吸は、吸う時よりも吐く時に、ゆっくり長く吐く。

すると、だんだん心拍数も下がり、落ち着くはず。

(ちなみに、心拍数が高くなると、テンポ感が違ってきて、

たいてい速く弾いてしまいます。)

 

(もし反対に、落ちつき過ぎて、気分が全然高まらない時は……、

吐く時よりも、吸う時に、時間をかけ酸素をたっぷりとると良い。)

(自律神経系の基本)

 重心(座り方)

これも、何かの本に書いてありました。

 

腹筋(丹田:おへその下あたり)に力が入っていれば、

重心が下に下がるので、あまりアガらない

下腹に力が入った「腹が座っている」と言う状態でしょうか?

反対に、重心が高いと、ふわふわと舞い上がりやすい

(次回につづく)

Img_0977_2_3

看板の前で自撮りする困ったおばさん

2018年7月27日 (金)

「アガラナイ」ための傾向と対策  [2]


①曲の難易度

《傾向》

10の力を持っている人が、5の曲を弾く場合、そうアガらない。

10の力の人が、10または11の曲を弾こうとする場合、アガル傾向。

 

《対策》

たまには、自分の力以上の難曲・大曲に挑戦することも大切です。

でも、誰かに聴いて頂こうという場合は、

余裕をもって弾ける選曲をすると、完成度の高い演奏ができ、

聴いている人が、「気持ちいい~♪ 素敵~♪」と感じてくださるはず。

 

②練習量

《傾向》

自分で納得のいく練習を十分に出来た場合、あまりアガらない

十分な練習が出来なかった場合に、アガル傾向。

自分の演奏に自分で自信が持てず、不安感からアガルのでしょう。 

 

《対策》

大人は、家庭の事情や色々な都合で練習できない時もあります。

でも、工夫した質の高い練習を、1回でも多く、1時間でも多くすることで、

アガル確率は確実に減ります。

 

 演奏する状況

《傾向》

いつも住んでいる家で、独りで弾いている時、アガル人はいません

いつもと違う状況から、いつもの調子が狂ってしまいアガルのです。

 

《対策》

本番と同じ靴ドレスで弾いてみるのも、おススメ。

わざとテレビの音を流したり、薄暗くしたり……

どんなに弾きづらい状況であっても弾けるようにしておくと、安心。

 

④気持ちの持ち方

《傾向》

自分の実力より「上手に見せよう!」と背伸びする時に、アガル

家で独りで弾いている時は、そんな気持ちは起きないので、上手く弾けます。

しかし、人が見ているとつい、

恥、かきたくない!

「実際より上手に見せたい!

が出て、が入ってしまうからアガルのです。

 

《対策》

どんなに転んでも、どんなに背伸びしても、

私以上にもならなければ、私以下にもならない。」

という「居直り」も大切。


       (次回は、処方箋を……)



Safinia

2018年7月25日 (水)

あがらない方法    [1] 

 

家では、暗譜スラスラ上手に弾けていたのに……、

でも、本番ではアガッテしまい……頭まっ白!!

悔しい…… (>_<)  

 

……という生徒さんが多くいらっしゃいます。

子どもの場合、練習では良くなかったけれど、「本番の方が良かった♪

ということも起こりましたが、

なぜかシニア生徒さんの場合、反対のことが多く起こります。

 

先生としては、せっかくの発表機会、生徒さんが

ショック~ (/_;)  この歳じゃ、やっぱりムリかも…」

と自信喪失につながるより、

「うまく弾けて、うれしい~ \(^^)/ 努力すれば、何歳でも大丈夫!」

と、達成感や成功感を味わってほしいものだと願っています。

 

古いパソコンの終活で、「あがらない方法」というファイルを発見。

2ヵ月後、生徒さん(希望者)が地域でボランティア演奏をすることもあり、少しずつ載せていきます。

 

本日は、目次のみをご紹介。

 

・「アガリ」の傾向と対策 ~なぜアガルのか?~ (2)

・「アガラナイ」処方箋  (3)

・アガリそう・ミスしそうな箇所は、ココ (4)

・「確実な暗譜」をするために (5)

・人前で暗譜奏するための「練習チェックシート」 (6)

・強力版 あがらない「練習チェックシート」 (7)

 

次回から内容を書きますので、生徒さんはぜひ参考にしてくださいね♪



暑すぎる夏

Img_1027_2_2

生ビール・冷奴・枝豆……まるでおっさん

2018年7月24日 (火)

手の障害とピアノ奏法

 

・体に「痛み」を持っているということ、

・片方の手が使えないということ、

……それが、こんなにも不便で大変なものと、知りました。

 

本棚から、手の障害とピアノ奏法について書かれた本を取り出し、ペラペラ。

Te                              

 

・手に障害を起こしたシューマンの話から始まります。

彼は、教師に無断で指を強化する器具を使って訓練して、

中指と薬指が伸びなくなってしまったそうです。


その他にも、興味深いことが色々。例えば……

・打鍵の瞬間には、指先に最大数キログラムの力が加わる。

・障害を起こした練習内容は、8割が「オクターブ奏」をはじめとする手を広げるテクニック。etc.

 

 

腱鞘炎が「完治」とまではまだ言えないのでピアノは弾いていませんが、

おかげ様で「痛み」も「腫れ」も無くなり、ホッとしています。

 

両方の手がふつうに使えること、どこも痛くないこと、

……その有難みを、改めて感じています。


2018年7月20日 (金)

腱鞘炎


ピアノを弾いても、腱鞘炎になったことは無かったのに……。

 

日に焼けたくない

との思いのから、慣れない日傘をさしました。

駅から車まで、100m200mか僅かの距離だったのですが……。

右手で、日傘をさしたので、

3つの荷物を、左手だけで持ちました。



親指に、1つの持ち手がひっかかり、

3の指に、別の荷物がひっかかり、

持ちづらいけれど、

ちょっとの間だから……

と我慢して、そのままグッと力を入れて頑張りました。

(もしかしたら、手がねじれていたかも)

 

やっと着いて、傘を閉じ荷物をおろしたら、

なんかヘン。

手首に痛み。

 

帰宅してもまだ痛く、

いえ、もっと痛くなってきました。

Kenshoen

     ↑のあたり

ネットで調べると、腱鞘炎の症状。

治療法は、手を使わないで安静にしていること。

 

というわけで、キーボードを打つのも片手。

不便。。。

  

腱鞘炎のため、コンサートをキャンセルしたピアニスト、

腱鞘炎になり、シューマンの演奏を棒に振った友人、

……いろいろ知っています。

 

演奏会を控えている時期などで無かったことが、

不幸中の幸いと思うことにします。


それと、ピアノを弾く時だけでなく、

いつも、手をいたわって大切にしなければと思いました。


2018年7月19日 (木)

気持ちで負けそう……

 

ううっ、暑い……。

暑さに、気持ちで負けそう。

 

6月に梅雨明け(関東甲信地方は統計史上、初!)。

大雨。(50年に1度の大雨!)

浸水被害。(過去30年で最悪らしい!)

そして、7月前半からの猛暑

まるで、地球がおかしくなっている気が……。

 

パソコンがおかしくなれば、取替えればよいけれど、

地球がおかしくなっても、どうしようもありません。

 

  

8年前の猛暑では、

シニア生徒さんが、5㎏も痩せてしまったり、

体調を崩されたりされましたが、

今夏はどうぞ、そのようなことがありませんように……。

と、願うばかり。

 

私も、「負けそう」などと弱音を吐いていないで、がんばります☆

 

Suika
夏はすいか☆

2018年7月15日 (日)

「初心者」の姿勢と、「一流ピアニスト」の姿勢 

 

7月号の『ピアノの本』の最初を飾るのは、

75歳のピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスさん(1944年生まれ)の記事。

先日のサントリーホールを最後に、大きなホールでの全国ツアーは引退しますが、

アットホームなコンサート、ピアノを弾くことは、これからもずっと続けるとのことです。

 

写真を見て、気づいたことがありました……姿勢です。

趣味で楽しむピアノレッスン 1」の最初に、姿勢の絵があり、

 「腕は床と平行か、シニアの場合、肘が心もち高めだと障害が起こりにくい。」と説明しています。

Img_1053                              

ピリスさんの姿勢が、まさにそのような姿勢。

Img_1050  

 

「どうすれば弾きやすく、どうすれば良い音になるか?」と考えれば、この姿勢になるのでしょう。

 

次の記事のエリーザベト・レオンスカヤさん(1945年生まれ)も、74歳。

考えてみれば、あのフジコ・ヘミングさんも、85歳(1932年生まれ)。

ピアノは、何歳になっても、ずっと楽しめる楽器なのだと思います。

 

プロだけでなく、生徒さんも同じ。

自分の良さを活かした曲を、自分のペースで、楽しく弾いてほしいです♪



2018年7月14日 (土)

生徒さんの名前のついたメニュー

 

先日、筑波ハムというレストランでランチ。

Img_1011_2_4

そうしたら……びっくり☆

メニューに、生徒さんの名前(Kさん)のついたパフェがあったのです。

 

Kさんのブルーベリーと筑波ハムのヨーグルトのパフェ

 

Kさんのご主人様は、リタイア後、

筑波大で「ブルーベリー作り」の講座を受け、ブルーベリー園を始められたとのこと。

 

そして毎年、素晴らしいブルーベリーを収穫。

 

私は、もちろんこのメニューを注文☆

Img_1004_7

と~っても美味しかった♪

 

ピアノを弾き、ブルーベリーを育て、お正月には沢山の料理を作るというKさん……素晴らしい☆

 

(超狭い花壇でさえ草ぼうぼうの私は、恥ずかしい限り。ああ…)

2018年7月 4日 (水)

音楽、レッスン、指導法……ずっとパソコンのお世話に

 

歴代パソコンを回想し、ずっとパソコンのお世話になっていたと気づき、感謝。

 

1号機……まだマウスがない時代。

コマンドを覚えられず、TVと化す (;_;)

 

2号機……Mac LC-575マウスで簡単……これなら私でも使える☆

パソコン通信を始め、
自分が弾いた演奏のデータをアップロードすると、

日本各地の老若男女、いえ海外の人もダウンロードして感想を下さるなんて……、

子供に教えるだけだった自宅教師は、感動!

 

3号機……パワーマック

1995年頃から日本でインターネット開始。
簡単なタグを書いて、自分のホームページを作成。

ローランドの音源を使ってDesk Top Musicも始め、ホームページに音楽を。

既成曲は「著作権」にひっかかるため、自作曲ばかり掲載。

 

4号機……Windows 98

シニアレッスンを開始。

生徒さんが弾きやすいように編曲して、
PCのノーテーションソフトで
楽譜を作成して使用。

PTNAのレポート「高齢期に適したピアノ指導 」を書いたのも、このPC。


5号機……Dell  Windows XP

学生になったので、初めてノート型パソコン。

沖縄で開かれた 日本音楽教育学会 でも、
イタリアの 世界音楽教育学会 でも、

「シニアピアノ」に関する研究の発表 をする時、 このPCが活躍。

4年目で、「」がこわれたのか、文字変換できなくなり寿命

 

6号機……Fujitsu FMV(ノート型)Windows Vista

前のノートPCが、分厚くて重かった反動で、
超軽く薄いノートPCに。

このPCでお茶大修論、筑大博論(シニアピアノに関する論文)を完成。

5号機のように、加齢により「脳」が壊れるなら、あきらめもつきます。

でも今度は、骨折……と言うか、バリンと割れたのです! 
やはり、4年目。

Barin_2

 

7号機……HP(ノート型)。Windows

これを使って、『趣味で楽しむピアノ・レッスン』シリーズが誕生。

4年目、突然体調を崩し、画面が痙攣を起こしたようになり寿命

 

今回の8号機……同じくHP(ノート型)Windows 10

さて今度は、どんな世界へ連れて行ってくれるのでしょう?

パソコンさん、どうぞよろしく♪

 

 

Yasai
愛しい元気野菜たち♪

2018年7月 2日 (月)

ピアノ教師が、パソコンで出来ること

  

パソコンは、消耗品

大事な情報を扱う企業などでは、2年ごとに新品と換えるそうですが、

普通は4年が寿命とのこと。

 

私のパソコンも、ちょうど4年目で調子悪くなったので、新品と取り換え。

必要なデータやソフトは、新しいPCに移動し、不要なものは消去し、

……言わば、パソコンの終活

 

古いパソコンよりもっと前のパソコンも、そのまま残っていたので、ついでに終活。

                             

Pc_2

「厚さ」も「見かけ」も、ずいぶん違いますね。

 

ピアノ教師がパソコンで出来ること」は何でしょう?

・生徒募集のチラシを作る。

・生徒募集を目的に、教室のホームページを作ったりブログを書く。

・「教室規約」など、生徒さんに配布するプリントを作成。

・「教室だより」を作って、保護者とのコミュニケーションを深める。

……など、教室に役立つことが色々あります。

 

私のパソコンも、音楽レッスン指導法と深い関わりがあって、

それぞれのPCとの思い出が、次々よみがえってくるのでした。


               つづく



« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »