2019年1月14日 (月)

ピアノ教師の「風邪予防」 

 

風邪は、「誰でも」ひきます。

でも「絶対にひいてはいけない人」もいます。受験生、公演中の役者さん、コンサートを控えたピアニスト……

 

ピアノ教師も、風邪をひくと、生徒さんに迷惑をかけてしまいます。

 

にもかかわらず、風邪に超弱い私。

特に「喉」がすぐ痛くなり、こじらせてレッスンを1ヵ月休講したことも。

 

最近、とても寒い日々。

私の風邪対策をご紹介しましょう。

 

①うがい

②手洗い

③マスク

……これらは、風邪予防の三大基本

Kmask

 

④十分な睡眠

……やはり「夜更かし」すると、すぐひきます。

 

⑤ヒートテック・タートル・ハイネック

 ……暖かくして、少しでも喉を覆い……

もう、ファッションより暖かさ

 

⑥加湿器

 ……湿度を50%にすると、3時間でウイルスは1万分の1に低下するらしい。

Kkashitu

 

⑦オイルヒーター

 ……エアコンよりも乾燥しないので、喉にやさしい

Koil_2

⑧ショウガ料理

 ……ショウガ鍋、ショウガ茶などで、体をポカポカ温め、

長ネギなどもなるべく使うようにしています。

Ksyoga

 

それでも、「アッ、喉が痛い」「風邪かも!」と思ったらすぐ

薬を飲んで、

Knodonuru

のどにシュッ!

 

何とか、この冬を乗り切れますように☆

 

 

2018年12月22日 (土)

生徒さんに目撃されていないよう……師スキップ 

 
受けそこなっていた特定健診を医療機関で受けることに。
でも……体重測定!
ど、どうしよう。。。
 
今さら焼石に水ですが、
いつも車で行くスーパーまでウォーキングで。
 
買い物の量は少なくして、帰りもウォーキング。 
はや足で大股で、サッサッ。
信号待ちでは、ランナーのごとくその場ランニング。
……軽く汗ばんで快感。
 
歩くのが楽しくなってきて、
スキップしたい気分に。
 
あたりを見回すと、誰もいない。
すかさずスキップで、ランラ ランラン♪
 
今年の12月は、師走ではなく、師スキップ
 
小さい子ならスキップも可愛いけれど、この歳では、どう見ても……
怪しい
 
あのオバサン、頭、大丈夫?
 
になる。
どうか、誰にも見られていませんでしたように……。
 
ましてや、生徒さんになど、目撃されていなかったことを願うばかり。
 
秘密の多いピアノ教師だ。
 
 
 
 
 
Google_2_3
グーグルを開いたら、グランドピアノが♪

2018年11月30日 (金)

先生が走る「師走」? いえ、「師歩」「師スキップ」にしようと……

以前、ヤマハ銀座店で、シニア指導法に興味のある先生6名が集まる会がありました。

今はもうありませんが、半年に一度だけ集まります。

どの先生も、色々と大変な状況の中で、
でも、シニア指導をずっと頑張っていらっしゃいました。

最後に、次回までの課題が出されました。

難題ですが、がんばりたいと思います。

 

明日から師走。

街のショーウインドウは、美しいクリスマス飾り。


1130a_2
 
人々も忙しそうに、足早に歩いていきます。

曲で言ったら、
 ……アレグロ、クレッシェンド、盛り上がりetc.

師走のキビキビした雰囲気、嫌いではありません。

 
ただし、「忙」という字は「心が亡くなる」と書きますが、
人への優しさ・配慮は忘れず、
慎重さも忘れず……

そう、「師走(しわす)」と言うよりは、

師歩(しあゆ?)(シアルク?)」

せめて「師スキップ」くらいでいたいものです。

1130b_2


1130c

2018年11月19日 (月)

祈る  ~「ご相談が……」にドキッ

 

今、とても心配していることがあります。

 

ある生徒さんが、「ご相談が……」とお話にいらっしゃいました。

 

・病気の疑いがあり、今度、検査すること。

・その結果、陰性ならばよいけれど、

陽性だと、放射線・薬物治療などが始まり、体力的・時間的に大変なこと。

・そして、ピアノに向かって楽しむ気持ちになれないこと。

・陽性の場合は、ピアノをやめる覚悟も……。

とのこと。

 

本当にピアノを頑張っていらした生徒さんなので、

「もうレッスンで会えないなんて、寂しいな。。。」

と、つい口から出てしまいました。

すると、生徒さんは、押さえていたものが噴き出したように

「僕だって、ピアノをやめるのは寂しいです。ううっ……」

 

ああ、私が寂しがると、生徒さんを悲しませてしまう。。。

 

ご本人が、時間的・精神的に負担なのであれば、

無理に引き留めてはいけないんだ。(反省)

 

万が一陽性でやめる時は、どんな顔をすればいいのでしょう?

なるべく明るくサラッと笑顔で……(ああ、難しそう) 

 

検査結果がわかる日まで、

私には、祈ることしかできません。

 

検査の結果、どうか、陽性ではありませんように……。

 

毎日、祈っています。

 

 

Img_1221_2

2018年10月22日 (月)

第3回シニアピアノ教育研究会

 

3回のシニアピアノ教育研究会が、10/21(日)、

東京芸術センターで開かれました。

 

今回の内容です。

 

・「シニアピアノの日」が制定されたこと

(また後日、改めて書きますね。)

 

・各教室のシニア生徒さんが交流する会について、

N先生よりご説明。

 8名の先生方が、交流会のスタッフを申し出てくださいました。

 感謝☆

 

・教本『趣味で楽しむピアノ・レッスン3』の各曲の指導ポイントを復習

・全員がピアノを弾いての音出しは、

 教本『趣味で楽しむピアノ・レッスン3』p.54「指の体操」。

 1人が生徒パートを弾き、1人は伴奏をつけてあげますが、

 「フォルテで!」「優しく!」「スタッカートで!」など、

指示を出します。

皆さん、とても上手に指示を♪

 

・分科会ごと分かれて、各先生の興味あるテーマを深めます。

・最後は、全員でシェア

 

2時間がアッという間に過ぎていきました。

 

次回研究会は、217日(日)。

内容は、業者依頼でのチラシ作成やホームページ作成について、

S先生から「経験にもとづいたお話」を伺う予定です。

 

2月も、実り多い2時間にいたしましょう♪

 

 

よく学び、よく食べ……

10_21

お腹が空いたので、レディースランチを食べて帰りました。

2018年9月14日 (金)

「上から目線」 になる理由 


パワハラをしたレスリング栄和人強化本部長。

・上に逆らえない体質だった日大アメフト事件の源、田中理事長。

・自分の思うように勝敗操作させたボクシング山根会長。

・「五輪に出られなくなるわよ」と言った体操の塚原千恵子強化本部長。 

・日体大駅伝監督、次から次から……

 

……どうしてこうも、スポーツ界には、

権力を持つと人を、どうにでもできる。」と勘違いしてしまう愚かな人、

権利を乱用する〇〇長、

が多いのでしょう?(うんざり)

 

理由を調べてみました。

 

アメリカの心理学者キプロスの実験結果によると、

高い地位権力は、人の性格にまで影響を及ぼすのだそうです。

本当は自分の力ではなく、権力や地位の力なのに、

まるで自分の力だと勘違いし始めるのだとか。

 

とりわけ、能力が低、自分に自信がない人ほど、

権力や地位の魔力に呑み込まれ 傲慢な態度になるそうです。

 

逆に、能力が高く、自分に自信がある人は、 

権力や地位に呑まれることはなく、

そればかりか、「実る穂は垂れる」のことわざどおり、より謙虚になるそうです。

 

 

ピアノ教師という仕事……「師」と仰がれ「先生」と呼ばれますが、

くれぐれも「上から目線」「傲慢」にならないよう心して、

「謙虚」な先生でありたいと改めて思いました。 


 

7階からの眺めは、素敵☆

Img_1155_2

                             

でも「上から目線」にはならないよう……



 

2018年9月 5日 (水)

レッスンで、生徒をひっぱたく暴力行為 ~体操界の暴力問題に思う~


・レッスンで、生徒さんを泣かせる。

・生徒の手を、ビシッとひっぱたく。


 どちらも、私はやったことがあります。

(子ども対象に教えていた、昔の話ですが…。

長~く習っていて、信頼関係が出来ている子だけですが…。)


 あの子、来週からもう来なくなったら、どうしよう。。。

と、一週間、先生は心配しています。 


 でも次の週、ニコニコ笑顔で現れます。(ほっ)

しかも、前よりも、お互いにもっと仲良くなった気が♪


 ・先生は、自分を可愛いから本気で怒ってくれたのか?

・自分が憎いから、怒ったのか?

……その位、子どもにはちゃんと分かるのでしょう。


 東京へ転居のため退会した後、

「近所の教室に行ったら、よく弾けてないのにマルくれる先生で……(-.-)

厳しく教えてくれる元吉先生がいいので、

また、つくばまで習いに行っていいですか?」

と電話してきた子も。


 

さて、体操の宮川選手へのコーチによる暴力問題が話題です。


 選手の頭をたたいたり、ひっぱたいたり……暴力行為があったとして、

速水コーチは、日本体操協会から無期限の登録抹消処分。


 今の時代、暴力は絶対だめ。


 ピアノ教師も、レッスンで生徒をひっぱたいたら、

暴力行為があったとして、

どこかのピアノの協会から、無期限の登録抹消処分を受けるのでしょうか?

 


今教えているのは、素敵なシニア生徒さんばかりなので大丈夫ですが♪

むしろ、私の方が怒られて当然という、失礼なことばかりしてしまうのに、

寛大な広い心で受け止めてくださいます。(感謝)



Garden

2018年7月 2日 (月)

ピアノ教師が、パソコンで出来ること

  

パソコンは、消耗品

大事な情報を扱う企業などでは、2年ごとに新品と換えるそうですが、

普通は4年が寿命とのこと。

 

私のパソコンも、ちょうど4年目で調子悪くなったので、新品と取り換え。

必要なデータやソフトは、新しいPCに移動し、不要なものは消去し、

……言わば、パソコンの終活

 

古いパソコンよりもっと前のパソコンも、そのまま残っていたので、ついでに終活。

                             

Pc_2

「厚さ」も「見かけ」も、ずいぶん違いますね。

 

ピアノ教師がパソコンで出来ること」は何でしょう?

・生徒募集のチラシを作る。

・生徒募集を目的に、教室のホームページを作ったりブログを書く。

・「教室規約」など、生徒さんに配布するプリントを作成。

・「教室だより」を作って、保護者とのコミュニケーションを深める。

……など、教室に役立つことが色々あります。

 

私のパソコンも、音楽レッスン指導法と深い関わりがあって、

それぞれのPCとの思い出が、次々よみがえってくるのでした。


               つづく



2018年6月11日 (月)

シミ・ソバカス・小じわ……

 

シミ・ソバカス・小じわ……

……鏡の前で、自分の汚い顔を見て愕然!

 

少しでも食い止めたいと、

日焼止め入り乳液を買いに、化粧品コーナーへ。

 

乳液1つ買っただけなのに、

美容部員に、カウンターの椅子に座らされ、名前や年代を登録されそうに……。

 

個人情報は書きたくないと断り、

年代は適当にサバ読み、

それだけでなく、カウンター横に置いてあった新発売シャドウを試しに塗ってもらいアイブロウも。 

オバサンになると、何でも出来てしまう♪

 

さらに、逆質問。

「失礼ですが……何歳ですか?」

美容部員は、恥ずかしそうに顔を赤らめ、

「私ですか? キャッ! 42歳。」

 

20代くらいに見えたので、CMのように言ってみた。

お肌、きれい。。。

すると、嬉しそうに満面の笑み。

 

正直、肌がきれいでした。

 

きれいな肌だから、美容部員になった(なれた)のか?

こういう仕事をしているから、きれいな肌なのか?

 

ふと考える。

私、音楽に興味あるから、ピアノ教師になったのか?

こういう仕事をしているから、音楽に興味あるのか?

 

が先か、ヒヨコが先か……?

 

う~ん……

 

Kompeito1                  

もうすぐ咲く……♪


2018年5月17日 (木)

「体験レッスン」を受ける側になって、生徒さんの気持ちがわかりました

 

この問題を、どうにかしなくては……

 

1に6時間以上座っている人は死亡リスクが40%増大と知り、

自宅が職場」「ウオーキングが苦手」「自転車は乗れないので車ばかり」のピアノ教師は、思いました。

 

そして、策を考えました。

「体を動かす」レッスンを受けることにすれば、必然的に運動するだろう。


では、何のレッスン? 

チラシやネットを見て、選びました。

(レッスンを受けたいと思った人にとって、「募集」を載せるって、大事なのですね。)

 

選んだのは、次の2つ。

・1つは、歩いて行ける近さにあるスポーツジムの「ヨガ」のレッスン。

・もう1つは、カルチャーセンターの「はじめての大人バレエ」のレッスン。

 

両方とも、「体験レッスン」があるので、それを受けた結果で1つ選ぶことに♪

 

ところが、問題が☆

電話をかけるのに、勇気が出ないのでした。ドキドキ……

「受話器を持っても、2年間、ピアノ教室に電話する勇気がでませんでした。」とおっしゃったシニア生徒さんの気持ちが、今、理解できました。

 

勇気をふりしぼり、何とか電話して、体験レッスンを受けることに決まりました。

 

体験レッスンの日まで、また問題が……☆

「私でも出来るかしら?」

と不安になり、お断りの電話を入れる理由を見つけている情けない私。

ピアノ教室に申し込んでも、レッスン日までが長いと、

「自分の指を見ていたら、『ピアノを弾く指ではない』と思えて……。やっぱり習うのはやめます。」

と電話してきたシニアの気持ちが、よく理解できました。

 

さてさて、体験レッスンを受けられるのでしょうか?

                            (つづく)

 

 

より以前の記事一覧